ぼちぼち…ゆっくり
by mitatam
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年越しそば

c0101214_16131319.jpg
町内の人が退職後「利七庵」という蕎麦屋を経営している。福岡中央郵便局の近くにある。寒い時はここで「そば湯」を飲むのがたのしみである。早めに経営者の奥さんが届けてくれた。明日、ニシンの甘煮に白髪ねぎをのせて年越しをする。
こだわりの手打ちそばである。
[PR]
by mitatam | 2013-12-30 16:20

c0101214_18283373.jpg

ほんの少しだけの雪・・・
c0101214_18284771.jpg

珊瑚もみじ(中央)葉の紅葉は今いちですが幹の色が綺麗。
c0101214_182905.jpg

橙・・・鍋物に重宝している。
[PR]
by mitatam | 2013-12-29 18:33

昨夜就寝したばかりに・・・

余りの寒さに入浴後すぐにベッドでTVみていたら、枕元の携帯が鳴りびっくりした途端不整脈を発症。
一年に三回ほど脈が早打ちしても5分も続かないのに一時間過ぎても胸のあたりがすっきりしなくて眠れない。隣で寝付いたばかりの主人をおこすのも可愛そう・・・・つついて起こしかかり付けの病院へ・・・運よく循環器内科の担当医で診断してもらい本日精密検査を終えた。心臓も老齢期に入ったようで保険証携帯が欠かせない。ストレスが一番よくないと忠告された。
[PR]
by mitatam | 2013-12-28 19:56

花の街  合唱したこともあった・・・・




七色(なないろ)の谷を越えて
流れて行く 風のリボン
輪になって 輪になって
かけて行ったよ
春よ春よとかけて行ったよ

美しい海を見たよ
あふれていた 花の街よ
輪になって 輪になって
踊っていたよ
春よ春よと 踊っていたよ

すみれ色してた窓で
泣いていたよ 街の角で
輪になって 輪になって
春の夕暮(ゆうぐ)れ
ひとりさびしく 泣いていたよ

[PR]
by mitatam | 2013-12-23 15:15

宰府うどん

c0101214_14212864.jpg



寒い時にうどんを食べるとお腹から暖かくなる。昔から「宰府うどん」が、近くにある。
c0101214_14215598.jpg



「寿し栄」という寿司屋さんはいつも満席で観光客をガイドさんが連れて来る。お寿司と茶碗蒸し食後のコーヒーまで含んで1050円である。予約していないと席がない。
c0101214_1422577.jpg



宰府商店街である。ほとんどシャッターが下りて商店街の機能が働いていない。人が歩いていない。
[PR]
by mitatam | 2013-12-23 14:37

物持ちがよいとは言えませんが・・・

計量したら風袋込みで175グラムで、そこに張られた内容量160グラムは減っていなかった。
包丁をいれたら、くずが多く出た。こんがり焼いて吸い物に入れてご飯の代わりにした。
意外と味は落ちていなかったようだ。

c0101214_16504383.jpg


昨年の荒神棚への供え餅が冷蔵庫の奥深く隠れていました。驚きました。

c0101214_16533195.jpg

[PR]
by mitatam | 2013-12-20 16:53

近くの電車駅の広場で・・・

五〇商店街の年末イベントがあり、野菜、チャンポン、乾物などでお客を寄せていた。
ここ数日寒のしまりが強くて外出したくなかったが、グランドゴルフ仲間の食事会で
下大利のイタリアレストランまで出かけた。

c0101214_16251625.jpg
剣先スルメ(足の部分も入れた長さ30センチ)五枚で525円。
c0101214_162662.jpg
余りに美味しそうだったので衝動買いしました。上は大粒が揃っているが下は小粒が3ツ・・・夕食後に賞味することとした。
[PR]
by mitatam | 2013-12-20 16:39

年末にリンゴ

c0101214_1732093.jpg


毎年、年末に無袋リンゴが送られてくる。姑が大好きなリンゴである。勿論とっくに姑は
居なくなっているが律儀に義弟から届く。
二段重ねである。その中の二個をもって仏間へ主人が動く。
有難いことだ。
[PR]
by mitatam | 2013-12-17 17:07

年賀状

つい先日、「お父さん生きとんなすな?」の電話にびっくり「どうしたんですか?」「いま年賀状を書いている・・・」との事でした。 替って応対した主人「おれも、あんたが元気じゃろうか?と思っとった・・・」に考えさせられたことでした。
[PR]
by mitatam | 2013-12-14 17:41