ぼちぼち…ゆっくり
by mitatam
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

三台目のパソコン 

NECのデスクトップ(VISTA)を新しく購入しました。
XP は、 動画の編集など、なかなか思うように働いてくれなくなりました。
落雷には遭わせるし、ヤフーのリーチDSLで頑張っていましたが、
光のエリア拡大の予定が無いとの事で、ヤフーから「別のサーバーへ
変更されたら・・・」とのアドバイスでビビックに乗り換えることにしました。

午後から設定に来てくれます。
MEもXPも自分ですべて設定しましたが
「めんどくさくなった」との理由で業者に任せます。
[PR]
by mitatam | 2008-01-31 11:20

ピアノ曲  アメイジング・グレイス

▼マークをクリックしてお聴きください。
[PR]
by mitatam | 2008-01-21 16:57

松山千春 -大空と大地の中で-


スポーツ新聞(毎日新聞)に
3月9日に最高の本場フランス料理とジョイントし、ホテルセンチュリーヒルズで
『松山千春・スペシャルディナーショウ』が行われる・・・とあった。
早速入場券の予約を入れた。 料金未設定・・とか!
10万円の料金に足踏み・・キャンセルしました。

(ホテルセンチュリーヒルズ ℡0946-24-1122 朝倉市板屋1-1)
[PR]
by mitatam | 2008-01-11 10:40

フリーソフトを使って  画像を揺らす

c0101214_15513382.gif
外国サイトのフリーソフトで作成。やってみれば、簡単に出来る!c0101214_17175129.gif
[PR]
by mitatam | 2008-01-09 15:51

もう一曲 森山良子  思い出のグリーングラス


トム・ジョーンズがヒットさせた曲。

この曲は、1965年にカーリー・パットマンが作った曲です。
死刑囚が処刑前夜に見た故郷の夢を歌った曲です。

汽車から降りたら 小さな駅で むかえてくれる ママとパパ
手をふりながら 呼ぶのは 彼の姿なの
思い出のグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム
帰った私を むかえてくれるの
思い出のグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

昔と同じの 我が家の姿 庭にそびえる 樫の木よ
子供の頃に のぼった 枝もそのままよ
思い出のグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

悲しい夢みて 泣いていた私 ひとり都会で まよったの
生まれ故郷に 立ったら 夢がさめたのよ
思い出のグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム

笑顔でだれもが むかえてくれるの
思い出のグリーン・グリーン・グラス・オブ・ホーム
[PR]
by mitatam | 2008-01-09 08:50

ちょっと、遊んでみました…

c0101214_2317243.jpg


額縁の中の写真を替えて行くことが出来る。
やってみれば、簡単なことでした。
[PR]
by mitatam | 2008-01-08 23:17

これも、同じソフトで制作 

c0101214_23114674.jpg


昨年咲いた・・・黄色のばら・・・大輪がだんだん小さな花となってく。
[PR]
by mitatam | 2008-01-08 23:13

画像に文字いれ  てすと

c0101214_19594930.jpg


ブルー系の小さな花が好き! 匂いスミレが葉を繁らせている。
[PR]
by mitatam | 2008-01-08 19:59

太宰府天満宮  鬼すべ

c0101214_22254784.jpg
大きな炎が鬼すべ堂を包み、天満宮の氏子約400人がすべ手と鬼警固に分かれ、鬼すべ堂の中にたてこもる鬼をいぶし出す勇壮な火祭り。福岡県の無形民俗文化財に指定され、災難消除、火除けの神事として有名です。(yahoo のホームページから)

昔は(十数年前)、鬼火の燃えさしを、町民が争って拾い、
半紙に包み、かまど近くに火の用心の意味も兼ねて飾ったものです。
拙宅の前を鬼じゃ鬼じゃ・鬼じゃ(おんじゃ・おんじゃと聞こえる)と囃し立て
すべ手と鬼警固が通ったものですが、現在は先の公民館から出るようになった。
姑がいた頃は、縁続きの人々が「お客さん」として我が家を訪ねてくれた。
忙しかった想い出だけが残る。

春の陽気が続く…七草がゆを食する (お餅を焼いて加える。)
IH クッキングヒーターをフル活用!
[PR]
by mitatam | 2008-01-07 22:25

緊急救命センター

c0101214_1831127.jpgどんなことになろうとも(脳梗塞・脊髄麻痺など)命を救うのが「緊急救命センター」の仕事だ。
心臓が働いているだけでは、本人は辛い。姉は足が立たない。助かってもベットに拘束されての
毎日だ。「もう生きとらんでもよかァ…」と弱音を吐いていた。
私の近くへ転院を希望している、「わがまま」をしっかりかなえてあげよう。
ベットが10近く並べられて命の炎が消えかけている人々を目の当たりに見た。
わたしもいつかこの時が来るのか…人間の死が何時かわからないからこそ生きていられる。
わたしにも「夢」がある。「ゆめ」を叶えたく生きていく。
[PR]
by mitatam | 2008-01-03 18:28